大阪市平野区 エンジンオイルはなぜ交換しないといけないか クレバーウルフ

画像

エンジンオイルはなぜ交換しないといけないか

 シリンダーヘッド

新品のシリンダーヘッドと、長期間オイル交換しなかったエンジンの内部の写真です。

 正常な動きとは

エンジンオイルはエンジンの内部の摩擦部分の潤滑を行ってエンジンを滑らかに回転させ、さらにエンジン内部で発生した不純物(鉄粉・燃えカス等)を包み込みエンジン内部に傷がつくことや汚れることを防止しています。

 交換の必要性と時期

エンジンオイルが古くなってくると、不純物を包み込む力が衰え、エンジン内部の摩擦部分への潤滑が十分にできなくなります。交換時期は3,000km~5,000kmごとを目安にするとよいのですが、走行距離と使用期間を勘案するとともに、整備士のアドバイスも参考にしてください。

 最悪の場合は高額な修理になることも

エンジンの調子が悪くなり、最悪の場合、焼付を起こしてエンジンが停止してしまいます。このようになるとエンジンを分解する必要があり、多大な出費につながってしまいます。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せは
06-6791-0188
で受け付けております。
※「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!