大阪市平野区 エンジンオイルはなぜ交換しないといけないか クレバーウルフ

サブページメイン画像

エンジンオイルは
なぜ交換しないといけないのか

 エンジンオイルの役割

エンジンオイルは、エンジンをスムーズに動かす働きを担っています。

エンジンの主な部品は金属でできていて、それぞれの部品が回転運動や往復運動をしてパワーを発生させています。
エンジンオイルは、金属の部品同士が直接触れないように膜を作って摩擦を減らし、エンジンをスムーズに動かす働きをしています。
エンジン内で繰り返し働いているうちに劣化していきますので、定期的なオイル交換が必要なのです。
また、エンジン・オイルはエンジンの精密装置を作動させる働きもになっています。このような装置の故障を防ぐためにも、定期的なオイル交換は重要なのです。

 エンジン内部に汚れが蓄積

適切な時期にオイル交換を実施しなければ、写真のように汚れが蓄積してしまいます。
こうなると潤滑性能も低下し、焼き付きの原因になるかもしれません。

 シリンダーヘッド

新品のシリンダーヘッドと、長期間オイル交換しなかったエンジンの内部の写真です。

 正常な動きとは

エンジンオイルはエンジンの内部の摩擦部分の潤滑を行ってエンジンを滑らかに回転させ、さらにエンジン内部で発生した不純物(鉄粉・燃えカス等)を包み込みエンジン内部に傷がつくことや汚れることを防止しています。

 交換の必要性と時期

エンジンオイルが古くなってくると、不純物を包み込む力が衰え、エンジン内部の摩擦部分への潤滑が十分にできなくなります。交換時期は3,000km~5,000kmごとを目安にするとよいのですが、走行距離と使用期間を勘案するとともに、整備士のアドバイスも参考にしてください。

 最悪の場合は高額な修理になることも

エンジンの調子が悪くなり、最悪の場合、焼付を起こしてエンジンが停止してしまいます。このようになるとエンジンを分解する必要があり、多大な出費につながってしまいます。

 省燃費エンジンについて

低燃費エンジン搭載車、ハイブリッド車には、粘度を低く(サラサラに)することにより、エンジンの負荷を減らし燃費を向上させる省燃費オイルが使われています。
※年式の古い車の場合、省燃費オイルに対応していない車両もあります。

無料のご相談は
こちらからお気軽に

  お気軽にお問合せください



お電話でのお問合せは
06-6791-0188
で受け付けております。
※「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

お問合せフォームはこちら