大阪市平野区 八尾市 鈑金塗装|86(ハチロク) バンパー キズ修理 クレバーウルフ

画像

  • HOME
  • 鈑金塗装
  • 八尾市 鈑金塗装|86(ハチロク) バンパー キズ修理

86(ハチロク) バンパー ドア キズ ヘコミ 割れ(大阪府八尾市)

 事故修理

お車の整備をお任せいただいているお客様です。
今回は車検と鈑金塗装でお持ち込みしていただきました。写真は一部ですが、ぶつけてしまったとのことでタイヤまわりにも傷やへこみ、割れがありました。
修理できるところ、交換しなければいけないところ、それぞれの内容を確認してお客様にご報告し、修理を開始します。
今回は整備部門での修理と鈑金塗装が終了して、走行テストが完了したら、再度整備部門に戻して車検を行います。

 鈑金後、塗装部門へ

弊社は1階が整備、3階が鈑金部門、4階が塗装部門です。
各部門での作業が終わったらエレベータで、次の担当部門へ移動します。
鈑金部門でバンパー等を取り外し、鈑金作業のあとは塗装部門です。
塗装部門写真は、塗装部門で下地処理、サフェーサーが完了したところです。

丁寧に養生を行って塗装に入ります。

 バンパー塗装

映像では紹介しきれませんが、下地処理を行ったバンパーをブースに入れ、ベース塗装をしたら全体をチェック。そして何度も重ねていきます。
一言で下地処理と言っても、【パテ、研磨、サフェーサー、研磨、洗浄】とたくさんの工程があります。塗装もベース塗装からクリア塗装まで、何度も重ねていきます。
下地も上塗りも、手を抜くとすぐにわかってしまうので、手も気も抜けません。細かな職人の仕事です。

 車体の塗装

車を塗装しているところです。バンパーと同じく、数々の工程を通ってブースに入った車体も、ていねいに塗り重ねます。今回はホワイトパールでしたので、1度全体を塗った後に、パールを混ぜて重ねて塗ります。

 細かくチェック

ブースの電気を消して、ライトで細かくチェックしながら修正していきます。チェックは部分だけでなく、広く・狭く何度も確認します。

 調色は職人の目で

調色は色見本を確認しながら、納得いくまで行います。
車の色は、変わっていないように見えても、新車の時からは環境によって少しずつ変わってきてしまいます。そのため、一言に「ホワイト」といっても、職人の目による調色が必要になるのです。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せは
06-6791-0188
で受け付けております。
※「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!