大阪市平野区 車検項目の例 クレバーウルフ

画像

車検項目の例

 自社車検ライン

お車が国の定める保安基準に適合しているかを、各種検査機器等を使用して確認します。最終チェック及び車検証の記載事項と車両の同一性の確認を行うためのラインです。検査機器は定期的に校正検査を受けております

 ブレーキテスター・スピードテスター

車検証に記載されている前軸重、後軸重を元に計算して基準値内であるかを判定して車検合否が決まります。基準に満たない場合は整備、調整が必要になります。スピードメーターが正確な表示をしているかもチェックします。

 サイドスリップテスター

車検時には必ずサイドスリップテスターを用いて、タイヤが1m前進したときに何mm横に滑るかを測定します。測定値が±5mm以内でないと車検に合格しません。再度スリップボードの上を自動車の前輪を通過させるだけで、走行によって生じる車輪の横滑り量を表示し、自動車前輪のトーインとキャンバーのつり合いを確認します。

 前照灯試験機(ヘッドライトテスター)

ヘッドライトの光軸がずれていないかを確認する検査機器です。光軸は走行を重ねると徐々にずれてくることがあり調整することでクリアされます。

 CO.HCテスター

CO=一酸化炭素  HC=炭化水素(生ガス)
COとHCにはそれぞれ基準値があり、それを超えると車検は合格になりません。マフラーにブローブを挿入し測定します。

 車両の下回り検査

ネジの緩み等がないかをハンマーで叩いて確認します。目視でオイル漏れの有無も確認します。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せは
06-6791-0188
で受け付けております。
※「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!